2013/06/30 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ActionBarSherlockを使おう(try to use ActionBarSherlock API)

ActionBarSherlockを使おう(try to use ActionBarSherlock API)



今回は、紹介エントリです。





アンドロイドのアプリを作るときに、開発者として悩み所なのは
アプリのデザイン(UI)ではないでしょうか。


現在、アンドロイドアプリで主流となっているのは
アクションバーとタブを使ったUIデザインです。






「流行ってんの?よっしゃ、ならそれを使ってみよう」



ところがどっこい、アクションバーはアンドロイドの3.x系以降のOSバージョンでしか使えないのです。




3.xと言えばタブレット端末。
それ以降の4.xについては最新の機種を持ってる人しか
使えないわけですね。





「困ったなー、俺のIS03ではアプリ使えないじゃん」









とまぁ、現在もアンドロイド市場でシェアの高い
2.x系では使えないという問題が発生してしまいます。


それを解決してくれるのがActionBarSherlockです。
これにより、どの携帯端末でもアクションバーを使用したUIデザインが可能になります!




















、、、といった感じで、上記の話は色んな所で
話されていることなので、皆さんご存じかと思います。


今回は、もう少しとっつきやすくするため、
ActionBarSherlockのサイトを意訳してみました。







「ActionBarSherlock is an extension of the support
library designed to facilitate the use of the
action bar design pattern across all versions of Android with a single API.」

ActionBarSherlockはアクションバーデザインパターンをすべてのAndroidバージョンで容易に扱えるようにすることをサポートする拡張APIです。






「The library will automatically use the native action bar
when appropriate or will automatically wrap a custom
implementation around your layouts.」

ライブラリーはあなたのレイアウトに自動的にカスタム実装をラッピングし割り当てる時、
自動でネイティブなアクションバーを使用します。




「This allows you to easily develop an application with an action bar for every version of Android from 2.x and up. 」

アンドロイドver 2.x 以上で、あなたがアクションバーを使用したアプリケーションを簡単に開発することを可能にします。






「Usage」
使い方





「Interaction with the action bar is provided through a single API by calling getSupportActionBar(). The methods provided by this interface mirror those of the native action bar exactly.」

相互的なアクションバーはAPIを通じてgetSupportActionBarメソッドの呼び出しにより、提供されます。
このメソッドは正確にネイティブなアクションバーを映すインターフェースを提供します。





「Enabling support is as simple as extending your activities from one of the 'Sherlock' base activities and declaring a theme in your manifest file.」

サポートは可能にする方法はシンプルです。マニフェストファイルで定義を記述し、あなたのActivityをActivityをベースにした'Sherlock'コンポーネントで拡張します。







「Theming」
テーマ設定

「A single theme can be used to style the action bar to match the look and feel of your application.
If you need to customize the look for a phone or tablet, Android's powerful resource filtering can still be leveraged.」

あなたのアプリケーションの見た目や感覚に合わせたアクションバーのスタイルのテーマを1つ選択し使用することができます。
携帯やタブレット端末に合わせてカスタマイズしたい場合は、アンドロイドの強力なリソースフィルタリングが活用可能です。






「Samples」
サンプル





「View screenshots and descriptions of the three sample applications which are bundled with the project as well as open source applications who chose to implement the library.」

あなたが、ライブラリの実装を選ぶためオープンソースのアプリケーションとして、
3つのサンプルアプリケーションで画面のスクリーンショットと説明が内包されています。



「Each project links to its source so you can investigate their code for reference.」

それぞれのプロジェクトは、リファレンスとしてソースコードを調べるために資材と繋がっています。







どうでしょう?なんとなくイメージが掴めてきたのでは?(そうなら嬉しいんですが。。。)








ちなみにActionBarSherlockはGoogleMap APIのv1にも対応してますし、FragmentActivityなども内部で継承しているので使用できます!
もちろん、GoogleMap APIのv2も併用できます!




それぞれの利用方法、ActionBarSherlockの導入方法は別エントリにまとめる予定です。。。







0 件のコメント:

コメントを投稿