2015/02/26 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【Selenium WebDriver】wait処理のCustomConditionを作る

【Selenium WebDriver】wait処理のCustomConditionを作る



http://www.softwaretestingclass.com/what-is-selenium-webdriver-selenium-training-series/より引用





・selenium-java version 2.44.0






WebDriverWaitは描画処理などの関係でwaitをかけることに特化したクラス。
waitを使うときには以下のように書く。



 
 WebDriverWait wait = new WebDriverWait(driver, 10);
 wait.until(ExpectedConditions.alertIsPresent());
 // 処理
 doSomething();
 ・・・・
 



WebDriverWaitのインスタンスを生成し、untilメソッドで引数で
渡した条件(ExceptedCondtionインスタンス)がtrueになるまで待つ。

(正確に言えば、untilメソッドの引数は
com.google.common.base.Functionインターフェースか
com.google.common.base.Predicateの具象クラスインスタンス。
ExceptedCondtionはFunctionを継承している)



ExpectedConditionsはExpectedConditionインターフェース型の
無名クラスインスタンスを生成するstaticメソッドを持っているのでこのような記述になる。
(ExpectedConditionsクラスとExpectedConditionクラスって紛らわしい)




2015/02/21 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - しょぼちむにデータモデル設計について教えてくださいの会 #syoboben に行ってきました

しょぼちむにデータモデル設計について教えてくださいの会 #syoboben に行ってきました










友人のsyobochimが勉強会やるということで、裏方(運営)的なポジションで参加させていただきました。
しょぼちむにデータモデル設計について教えてくださいの会 #syoboben


勉強会の様子はtogetterで雰囲気を感じていただければと思います。
ゆるふわと見せかけてガチ勢が来たしょぼちむ勉強会



会場はドリコムさん。こんなかんじ。エントランスにはベイマックスがいました。





以下、発表を順に振り返ってみます。。。。



2015/02/18 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【お約束】Kotlin + AndroidでHello Worldすぐ出来たよ

【お約束】Kotlin + AndroidでHello Worldすぐ出来たよ



最近まではJavaでAndroidアプリを作っていたのですが、
ようやく使いたかったKotlinでAndroidアプリを作り始めました。


ということで、ド定番のHello Worldをやってみました。






2015/02/08 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【Selenium2 WebDriver】マルチブラウザのWebDriverをJUnitから実行する

【Selenium2 WebDriver】マルチブラウザのWebDriverをJUnitから実行する




http://www.code-thrill.com/2012/03/selenium-walkthrough.htmlより引用






とりあえずIEとChromeとFirefoxを簡単に動かせる実装をする






・IEとChromeなどのDriver.exeを用意する



ダウンロードはSeleniumのオフィシャルから。



・プロパティファイルを用意する



こんな感じ


#IE
driver.ie.exe=C:\\IEDriverServer.exe
driver.ie.key=webdriver.ie.driver
driver.ie.driverclass=org.openqa.selenium.ie.InternetExplorerDriver

#Chrome
driver.chrome.exe=C:\\chromedriver.exe
driver.chrome.key=webdriver.chrome.driver
driver.chrome.driverclass=org.openqa.selenium.chrome.ChromeDriver

#Firefox
driver.ff.driverclass=org.openqa.selenium.firefox.FirefoxDriver







JUnit4.9から導入された@Ruleを利用して、マルチブラウザ対応をしてみようと思う。
便利ですね。Ruleアノテーション。最近まで全然知らなかったので地味に感動してる。










まずは簡単なRuleクラスとデータの受け渡し用のstaticなクラスを作る。
(誰かデータの受け渡し方にもっと良い方法があれば教えてください)






public class BrowserRule implements MethodRule {
    private final String[] paths;

    public BrowserRule(String... paths) {
        this.paths = paths;
    }

    public Statement apply(final Statement base, FrameworkMethod method, Object target) {

        return new Statement() {
            @Override
            public void evaluate() throws Throwable {
                for (String path :  paths) {
                    ModeContext.setBrowserName(path);
                    base.evaluate();
                }
            }
        };
    }
}


public class ModeContext {

    private static String browserName;
    private ModeContext () {}
    
    public static void setBrowserName(String name) {
        browserName = name;
    }
    
    public static String getBrowserName() {
        return browserName;
    }
}





呼び出し側はこんな感じで@Ruleをつけてコンストラクタ引数に任意のブラウザ名を渡すだけ。
keyのバインドがダサいなぁ。。。。

Firefoxに関しては、Systemプロパティの設定が不要らしい。普通に動く。
(ブラウザの設定を変えたりするにはプロファイルの設定とか必要だったりするらしい。)





public class HogeHogeTest {

    @Rule
    public BrowserRule browserRule = new BrowserRule("ie"); // ie
    //public BrowserRule browserRule = new BrowserRule("chrome"); chrome
    //public BrowserRule browserRule = new BrowserRule("ff"); firefox
    //public BrowserRule browserRule = new BrowserRule("ie","chrome","ff"); これもできる

    public WebDriver driver;


    @Before
    public void startUpClass() throws Exception {
        Properties prop = loadProperties();
        final String browser = ModeContext.getBrowserName();
        final String[] PROP_KEYS = new String[] { "driver." + browser + ".exe", "driver." + browser + ".key", "driver." + browser + ".driverclass"};
        if(!browser.equals("ff")) {
            Path path = Paths.get(prop.getProperty(PROP_KEYS[0]));
            System.setProperty(prop.getProperty(PROP_KEYS[1]), path.toAbsolutePath().toString());
        }
        Class<?> clazz = Class.forName(prop.getProperty(PROP_KEYS[2]));
        driver = (WebDriver) clazz.newInstance();
        driver.manage().timeouts().implicitlyWait(50, TimeUnit.SECONDS);
        driver.manage().timeouts().setScriptTimeout(3, TimeUnit.MINUTES);
        driver.get("http://localhost:8080/hogehoge");
    }

    private Properties loadProperties() {
        try {
            ClassLoader loader = Thread.currentThread().getContextClassLoader();
            Properties prop = new Properties();
            prop.load(loader.getResourceAsStream("DriverSetting.properties"));
            return prop;
        } catch (IOException e) {
            throw new IllegalStateException("failed load DriverSetting.properties ", e);
        }
    }
}















ここまで作るのだけならとても簡単です。
ただ、ここから実際に複数のブラウザでテストを実行すると
テストが赤くなりまくりますね。ブラウザの差異があるのでどうしてもそうなってしまう。
差異とは、画面描画時の位置が微妙に変わりElementNotBisibleExceptionが発生したりとか
そういうことです。そのほかにもブラウザ特有のものとか、、、きっとあるでしょう。



やるなら、はじめに1つのブラウザから始めることを推奨します。
その後マルチブラウザ対応というのが良いのではないでしょうか。