2018/03/26 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - Java 10のvarのやーつで遊んでみる

Java 10のvarのやーつで遊んでみる


Javaでvarをとりあえず使って遊んで見ました。のザックリしたただのメモです。

Java 10がリリースされました!Java 9はほとんど触らなかった!
リリース日がちょうど祝日だったので少しだけ触りました。

一番遊んで見たくなるのが、
JEP286のvar のやつですよね。
これにより、ローカル変数でvarが使えるようになります。
JEP 286: Local-Variable Type Inference





↑これが一番嬉しいかもしれないですね






↑なるほど。つまり、jshellで同じメソッドスコープ内でinstanceofしたって感じだと思います。


  • 匿名型みたいなのを使えるのが嬉しい
  • 匿名型みたいなののフィールドにはvarは使えない(ローカル変数ではないので当然か)
  • varは予約語ではないので変数名には使えるが、class名には使えないしnewも出来ない

これ、javap するとどうなるんやろか。
ということで、簡単にこんなコードを

public class Sample {

    public static void main(String... args) {
        var hello = "Hello Java 10";
        System.out.println(hello);
    }
}
コンパイルして、javapしてみると、、、、なんと?

Classfile /Users/yy_yank/Desktop/Sample.class
  Last modified 2018/03/26; size 425 bytes
  MD5 checksum 83c8871322855c30c9155844eec5ca9b
  Compiled from "Sample.java"
public class Sample
  minor version: 0
  major version: 54
  flags: (0x0021) ACC_PUBLIC, ACC_SUPER
  this_class: #5                          // Sample
  super_class: #6                         // java/lang/Object
  interfaces: 0, fields: 0, methods: 2, attributes: 1
Constant pool:
   #1 = Methodref          #6.#15         // java/lang/Object."<init>":()V
   #2 = String             #16            // Hello Java 10
   #3 = Fieldref           #17.#18        // java/lang/System.out:Ljava/io/PrintStream;
   #4 = Methodref          #19.#20        // java/io/PrintStream.println:(Ljava/lang/String;)V
   #5 = Class              #21            // Sample
   #6 = Class              #22            // java/lang/Object
   #7 = Utf8               <init>
   #8 = Utf8               ()V
   #9 = Utf8               Code
  #10 = Utf8               LineNumberTable
  #11 = Utf8               main
  #12 = Utf8               ([Ljava/lang/String;)V
  #13 = Utf8               SourceFile
  #14 = Utf8               Sample.java
  #15 = NameAndType        #7:#8          // "<init>":()V
  #16 = Utf8               Hello Java 10
  #17 = Class              #23            // java/lang/System
  #18 = NameAndType        #24:#25        // out:Ljava/io/PrintStream;
  #19 = Class              #26            // java/io/PrintStream
  #20 = NameAndType        #27:#28        // println:(Ljava/lang/String;)V
  #21 = Utf8               Sample
  #22 = Utf8               java/lang/Object
  #23 = Utf8               java/lang/System
  #24 = Utf8               out
  #25 = Utf8               Ljava/io/PrintStream;
  #26 = Utf8               java/io/PrintStream
  #27 = Utf8               println
  #28 = Utf8               (Ljava/lang/String;)V
{
  public Sample();
    descriptor: ()V
    flags: (0x0001) ACC_PUBLIC
    Code:
      stack=1, locals=1, args_size=1
         0: aload_0
         1: invokespecial #1                  // Method java/lang/Object."<init>":()V
         4: return
      LineNumberTable:
        line 1: 0

  public static void main(java.lang.String...);
    descriptor: ([Ljava/lang/String;)V
    flags: (0x0089) ACC_PUBLIC, ACC_STATIC, ACC_VARARGS
    Code:
      stack=2, locals=2, args_size=1
         0: ldc           #2                  // String Hello Java 10
         2: astore_1
         3: getstatic     #3                  // Field java/lang/System.out:Ljava/io/PrintStream;
         6: aload_1
         7: invokevirtual #4                  // Method java/io/PrintStream.println:(Ljava/lang/String;)V
        10: return
      LineNumberTable:
        line 4: 0
        line 5: 3
        line 6: 10
}
SourceFile: "Sample.java"

なんとまあ普通。と思っては見たけれど大したこともなく。
コンパイルされた後は別に差がないですね。当たり前ですが。



JVM言語や他の言語の後追い感は否めないですが、
このLocal-Variable Type Inferenceによって、色々副次的な効果とか出てくるんじゃないかなあとかそういう妄想をします。indyみたいな(多分ない)。
amberとかも入ってくると面白くなってくるんじゃないかなあと思います。
Project Amber



Java10のvarをどう使うか - きしだのはてな
Style Guidelines for Local Variable Type Inference in Java


0 件のコメント:

コメントを投稿